コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定勝

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定勝 じょうしょう

?-? 鎌倉時代の僧。
治部卿局(じぶきょうのつぼね)の父。建久6年(1195)法眼(ほうげん)となり筑前(ちくぜん)(福岡県)観世音寺を管理。権大僧都(ごんのだいそうず)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

定勝の関連キーワードユリオルキス ガンボア長野県木曽郡大桑村須原レミー ボンヤスキーアンドレ ワード治部卿局(1)上杉家文書大桑[村]飛鳥井雅量大桑(村)溝口秀勝松平定綱久松定勝中川久清伊達持宗秋山玉山山中慎介酒井忠清池田恒元保科正貞池内蔵太

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android