コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法眼 ほうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法眼
ほうげん

(1) 仏教用語。菩薩衆生を救うために一切の法門を照見する眼。五眼 (ごげん) の一つ。 (2) 僧位の呼称。正しくは法眼和尚位。貞観6 (864) 年法印などとともに定められた僧位で,僧都僧綱に授けられた。のちには貴族の子息に授けられることが多くなり,俗位五位殿上人に準じる位となった。さらにその人数も増加し,次第に虚名となっていった。 (3) 中世以後医師,画師連歌師などに授けられた位名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐げん〔ホフ‐〕【法眼】

仏語。五眼の一。諸法を見る智慧の眼。菩薩(ぼさつ)のもつ、衆生を済度するための諸事象の真相を知るという眼。
《「法眼和尚位」の略》法印に次ぐ僧位。僧綱(そうごう)僧都(そうず)に相当。
中世以後、僧に準じて医師・絵師仏師・連歌師などに与えられた称号

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法眼【ほうげん】

日本の僧位の一つ。僧綱(そうごう)の中級位。法眼大和尚(かしょう)位とも。僧都に授けられる位で,官位でははじめ正3位に相当。864年遍昭(へんじょう)が叙せられたのが最初。
→関連項目絵仏師奥医師定慶定朝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうげん【法眼】

[0] 〘仏〙 五眼の一。諸法を観察する智慧ちえのまなこ。菩薩は、これによって、諸法の真相を知り、衆生しゆじようを救う。
「法眼和尚位かしようい」の略。僧位の第二で、法印と法橋ほつきようのあいだ。僧綱の僧都そうずに相当する位。
中世・近世、僧侶に準じて、仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法眼
ほうげん

僧位の第二階で、僧階の僧都(そうず)にあたり、法眼和尚(わじょう)位僧都という。初め僧綱(そうごう)所の役人としての定員があったけれども、のちに単なる敬称となった。とくに仏師、絵師、武家、坊官の敬称に用いられた。僧都でない凡僧に法眼位が授けられたのは869年(貞観11)の遍昭(へんじょう)(のちに僧正(そうじょう))であったといわれ、僧位の乱れは古いものであった。高野山(こうやさん)では学侶(がくりょ)70歳以上はすべて法眼位、行人(ぎょうにん)は衆議一(いちろう)のみをこれに任じた。また浄土真宗にも法眼位があった。[五来 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法眼の言及

【伝灯録】より

…北宋時代における禅の盛大化とともに,士大夫の教養書の一つとなり,禅の本の権威となって,仏祖の機縁問答を一千七百則の公案と呼ぶのは,本書に収める仏祖の数字に基づく。編者道原の伝は不明であるが,五代より北宋にかけて,江南金陵を中心に盛大となる法眼下3世の弟子の一人で,本書に立伝する宗鏡の編者延寿と同門らしく,法眼の動きを伝えることが詳しい。したがって,本書は法眼に集大成される,そのような唐末五家の実態を知るのに便利であるが,これを臨済禅中心に受け継ぐ《天聖広灯録》,雲門禅中心に受け継ぐ《建中靖国続灯録》,および再び宋代臨済禅中心の《宗門連灯》《嘉泰普灯録》の5本を合わせて,のちに《五灯会元》20巻が編まれる。…

※「法眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法眼の関連キーワード島根県松江市外中原町青森県黒石市山形町新大納言局(1)俊寛僧都島物語珉子内親王円行(2)一条大蔵譚今大路悠山粟田口隆光里邨昌億大原玄昌狩野洞白八阪崇誉田辺玄々里村玄仲吉田元陳小柴景山桂舟広隆古筆了珪松本交山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法眼の関連情報