観世音寺

デジタル大辞泉の解説

かんぜおん‐じ〔クワンゼオン‐〕【観世音寺】

福岡県太宰府市にある天台宗の寺。山号は清水山。院号は普門院。開創は天平18年(746)、開山は満誓筑紫で崩じた母斉明天皇のため天智天皇が発願建立した。天平宝字5年(761)に設けられた戒壇院は、東大寺下野(しもつけ)薬師寺とともに三大戒壇とされた。国宝の梵鐘(ぼんしょう)をはじめ、不空羂索観音像・十一面観音像(重文)など寺宝が多い。観音寺(かんのんじ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

観世音寺【かんぜおんじ】

福岡県太宰府市にある天台宗の寺。《続日本紀》によれば,斉明天皇のために天智天皇が創建し,746年ころ完成したという。戒壇院を設け,下野(しもつけ)薬師寺,奈良東大寺とともに日本三戒壇の一つと称された。1064年諸堂が全焼したが,阿弥陀如来像ほか平安時代の仏像多数が残る。国宝の銅鐘や重要文化財の馬頭観音などがある。
→関連項目戒壇太宰府[市]東大寺文書

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜおんじ【観世音寺】

福岡県太宰府市大字観世音寺にある寺。670年ころに天智天皇が母帝斉明天皇の冥福を祈って発願され,746年(天平18)に完成した。西海道の僧統の中心として古代九州を統轄した大宰府政庁域の東に接して創建され,〈府大寺〉と称された。761年(天平宝字5)には戒壇院が置かれ,日本三戒壇の一つとして西海道第一の地位を確固たるものとした。創建時の伽藍配置は現存する礎石,発掘調査の成果,905年(延喜5)の《観世音寺資財帳》などで知ることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜおんじ【観世音寺】

福岡県太宰府市にある天台宗の寺。山号は清水山普門院。746年天智天皇の勅願により開基。東大寺・下野しもつけ薬師寺とともに日本三戒壇の一つ。平安末期、東大寺の末寺となる。法隆寺式の伽藍配置で、現在の建物は江戸時代のものであるが、奈良・平安期の梵鐘・仏像などが伝わる。観音寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観世音寺
かんぜおんじ

福岡県太宰府市にあり,都府楼跡の東に位置している天台宗の寺。天智天皇が斉明天皇の冥福を祈って創建,その完成は天平年間 (729~749) 。日本三戒壇の一つ。古い建物はまったくないが,発掘調査により,講堂に取りつく回廊に囲まれて,塔と金堂が東西に配置され,かつ金堂が東面するというかつての伽藍配置が明らかにされた。奈良時代の梵鐘 (国宝) ,平安・鎌倉時代の多くの仏像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観世音寺
かんぜおんじ

福岡県太宰府(だざいふ)市観世音寺にある天台宗の寺。清水山普門院(せいすいざんふもんいん)と号する。661年(斉明天皇7)百済(くだら)救援のために九州に滞在していた斉明(さいめい)天皇が死去したため、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)(天智(てんじ)天皇)が母の菩提(ぼだい)を弔うために創建。造営工事は進まず、723年(養老7)に至って満誓(まんぜい)(笠麻呂(かさまろ))によって造営された。745年(天平17)、法相(ほっそう)宗の第四伝、玄(げんぼう)が左遷されて本寺の工事を監督し、翌746年に落慶供養(くよう)が行われている。749年(天平勝宝1)500町歩(496ヘクタール)の墾田が寄せられた。761年(または762年)同寺に戒壇が設けられ、奈良の東大寺、下野(しもつけ)(栃木県)の薬師寺の戒壇と並んで天下の三戒壇の一つをなし、西国の人の受戒の場所となった。盛時は西国第一の寺となり、七堂伽藍(がらん)を完備、49院が所属し、500町歩の寺領をもった。しかし1064年(康平7)に火災にあい、その後再建されたが、ふたたび火災にあって諸堂を焼失して衰えた。現在の講堂、金堂(阿弥陀(あみだ)堂)は1688年(元禄1)の再建になる。戒壇院は江戸時代に独立した寺となった。日本最古といわれる白鳳(はくほう)期の梵鐘(ぼんしょう)(国宝)は菅原道真(すがわらのみちざね)の詩で有名。平安時代の復興以降に造立された仏像が多く残っており、十一面観音(かんのん)像、馬頭観音像、不空羂索(ふくうけんさく)観音像の3体は5メートルにも及ぶ。そのほか毘沙門天(びしゃもんてん)像、大黒天像などがあり、木像18躯(く)、舞楽面3面、石造狛犬(こまいぬ)1対、銅製天蓋(てんがい)光心などの国の重要文化財がある。なお、905年(延喜5)の『観世音寺資財帳』(国宝、東京芸術大学蔵)は草創期の寺の規模を伝える貴重な資料である。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんぜおん‐じ クヮンゼオン‥【観世音寺】

福岡県太宰府市にある天台宗の寺。山号、清水山普門院。天智天皇の発願で天平一八年(七四六)完成。奈良の東大寺、栃木県南河内町にあった薬師寺とともに日本三戒壇の一つ。現在の金堂(阿彌陀堂)、講堂は江戸初期の再建。所蔵の仏像などにすぐれたものが多く、奈良時代の梵鐘は国宝。観音寺。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の観世音寺の言及

【戒壇】より

…日本では,754年(天平勝宝6)4月に東大寺大仏殿前に,唐僧鑑真一行によって,仮設の戒壇が造築され,聖武上皇・光明皇太后など400余人が登壇受戒したのが初例で,翌年10月に大仏殿の西方に常設の戒壇を中心とする院が設けられた。761年(天平宝字5)に下野国の薬師寺と筑前国の観世音寺に戒壇が創建され,〈天下の三戒壇〉といわれた。平安時代に至って,最澄は比叡山延暦寺に大乗戒壇の建立を企て,僧綱との間に論争が展開され,没後7日の822年(弘仁13)6月に勅許された。…

【律宗】より

…【礪波 護】
[日本]
 日本では律宗は八宗および南都六宗の一つで,12年の歳月と6回の渡航によって754年(天平勝宝6)に来日した伝戒師鑑真の一行によって伝えられた。そして755年9月に東大寺に戒壇院,761年(天平宝字5)1月に下野薬師寺,筑紫観世音寺に戒壇院が創建されて〈天下三戒壇〉の制が設けられ,官僧受戒の場とした。一方,鑑真は唐招提寺を創立して僧尼の規範である律宗の指導流布につとめ,政府はまた諸大寺に戒師団を施入して戒律の研究,普及などをはかった。…

※「観世音寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観世音寺の関連情報