コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定高貿易法 さだめだかぼうえきほう

世界大百科事典 第2版の解説

さだめだかぼうえきほう【定高貿易法】

江戸時代の長崎貿易で1685‐1858年(貞享2‐安政5)にとられた,金・銀建てで決済する年間の取引額に一定の上限〈定高〉を設けた制度。幕府は来航唐船の激増を契機に,輸入単価・金銀流出の抑制のために,1685年から唐船は年間取引額を銀で6000貫目,オランダ船は金で5万両(銀3400貫目)に限り,唐船へは各船の積荷高・出帆地・乗組員数などを勘案して1艘ごとの取引高を定高に達するまで割り付け,残りは積み戻らせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定高貿易法の関連キーワード雑物替

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android