コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樟脳 ショウノウ

4件 の用語解説(樟脳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐のう〔シヤウナウ〕【×樟脳】

特異な芳香のある無色透明の板状結晶。昇華しやすい。水に溶けず、アルコールなどの有機溶媒に溶ける。クスノキの木片を水蒸気蒸留して製する。セルロイド無煙火薬の製造原料、香料・防虫剤・医薬品などに用いる。分子式C10H16O カンフル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

樟脳

衣類の虫よけや芳香剤などに使われる。カンフル剤などの薬品にも利用され、かつては専売制のもと、国の財政を支えた時代もあった。現在では化学製品で代用されることが多いが、「天然樟脳を守る会」などによると、気分をリラックスさせるアロマテラピーの素材として天然樟脳の需要が増えているという。

(2013-01-05 朝日新聞 朝刊 筑後 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうのう【樟脳】

テルペン類の一種。化学式 C10H16O クスノキの根や枝を水蒸気蒸留して得る無色透明の結晶。水に不溶、有機溶媒に可溶、特有の芳香をもつ。テレビン油から合成され、医薬品・香料・殺虫剤・防臭剤などに利用する。医薬分野ではカンフルという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樟脳
しょうのう
camphor

多環状モノテルペンケトンの一つで、医薬分野ではカンフルともいう。特有の香気をもつ半透明、昇華性の安定な粒状結晶。中国の揚子江(ようすこう)以南、海南島、台湾および日本が主産地であるクスノキ科のクスノキには、樟脳を生産する本樟と、リナロールを主成分とする芳樟(ほうしょう)とが著名である。化学構造から右旋性(d体)、左旋性(l体)、ラセミ体(dl体)の3種の光学異性体がある。本樟または芳樟の根、幹、小枝の切片(チップ)、葉を水蒸気蒸留すると、樟脳原油とともに泥状結晶が留出し、これを濾取(ろしゅ)すると粗製樟脳が得られる。
 原木よりの収率は粗製樟脳0.8~1.0%、樟脳原油1.6~2.0%である。樟脳原油を分留すると再生樟脳が得られる。粗製樟脳とともに昇華法により精製して精製樟脳とする。それは精製度によって甲種樟脳(A)、改良乙種樟脳(純度98%以上)、乙種樟脳(B)(純度95%以上)などの区別がある。精製樟脳は粉末状または粒状として製品化する。
 第二次世界大戦後、中華民国が台湾を支配したため天然樟脳の生産は著しく減少した。日本における樟脳の生産量は1951年(昭和26)の4200トンが最高であり、1962年に樟脳専売制度が廃止されたために、その生産量は急激に減少した。[佐藤菊正]

合成樟脳の製法

最近は天然樟脳が少ないので、α-ピネンを出発原料としたdl体(光学不活性)の合成樟脳が主流を占めている。すなわち、α-ピネンを酸化チタンなどの触媒により異性化させカンフェンとし、これを氷酢酸‐硫酸によって酢酸イソボルニルとし、さらにアルカリ水溶液でけん化してイソボルネオールとする。最後に、イソボルネオールを銅触媒によって接触的脱水素し、dl-樟脳を合成する。
 ヒンドゥー教徒の焼香用香料として用いられるほか、防虫剤、医薬品、ボルネオール製造原料として重要である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樟脳の関連キーワード柑橘油ショウノウミョウバン芳香剤虫除け除けの歌衣類の消臭シャボン過酢酸プロピオン酸イソアミルフレバリスト

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樟脳の関連情報