コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝嘉僧 ほうかそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝嘉僧 ほうかそう

?-? 江戸時代中期の戯作(げさく)者。
天明(1781-89)のころ洒落本「誰が袖日記」をかいた。江戸神田花房町にすむ彫工で,俳諧(はいかい)もこのんだ。姓は中出。通称は長左衛門。別号に元日堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宝嘉僧の関連キーワード天明戯作

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android