コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実が入る ミガイル

デジタル大辞泉の解説

実(み)が入(い)・る

果実がうれる。熟する。実がはいる。
一生懸命になる。身が入る。
「一番目より段々狂言に―・り」〈根無草

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みがいる【実が入る】

植物の莢さやや殻の中の実が熟して大きくなる。また、果実が熟する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

実が入るの関連キーワード実るほど頭の下がる稲穂かな入る・這入る話・咄・噺実・子植物果実入る

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実が入るの関連情報