コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根無草/根南志具佐 ネナシグサ

デジタル大辞泉の解説

ねなしぐさ【根無草/根南志具佐】[書名]

談義本。5巻。風来山人平賀源内)作。宝暦13年(1763)女形荻野八重桐の溺死事件を題材に、当時の世相を風刺したもの。「根無草後編」(5巻)は明和6年(1769)刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

根無草 (ネナシグサ)

植物。ヒルガオ科の一年生寄生植物,薬用植物。ネナシカズラの別称

根無草 (ネナシグサ)

植物。ベンケイソウ科の多年草。ミセバヤの別称

根無草 (ネナシグサ)

植物。ベンケイソウ科の多年草。メノマンネングサの別称

根無草 (ネナシグサ)

植物。ベンケイソウ科の多年草。オノマンネングサの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

根無草/根南志具佐の関連キーワード受け返す・請け返す髭食い反らす根南志具佐底を入れる目の当たりうてんつ世界定めのたまく言ひ入れ引け四つ浮れ出る御歯向き小路隠れねそねそ父母の国実が入る問ひ弔ひ手薄い頭勝ち受返す

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android