実備(読み)じつび

大辞林 第三版の解説

じつび【実備】

実際に役立つ備え。 「未だ兵制の-を見ず/新聞雑誌 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じつ‐び【実備】

〘名〙 実際に役にたつ備え
※公議所日誌‐九・明治二年(1869)四月「其目的の実備、果して如何」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android