コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実損てん補

2件 の用語解説(実損てん補の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

実損てん補

保険事故が生じたときに、実際の損害額をもとに算出された保険金が保険金額を限度に支払われることを指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集の解説

実損てん補

保険契約時にあらかじめ定めた保険金額(契約金額)を上限として、実際の損害額を保険金としてお支払いすることをいいます。損害保険の支払保険金は、通常この実損てん補が基本となります(ただし、傷害保険等については生命保険同様、あらかじめ定めた保険金額が支払われます)。

出典|自動車保険・医療保険のソニー損保
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実損てん補の関連キーワード定額保険普通保険約款保険約款保険契約の更改重複保険契約約款(保険)自己のためにする保険契約保険関係保険金額あん分方式正味支払保険金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone