コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実損てん補

2件 の用語解説(実損てん補の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

実損てん補

保険事故が生じたときに、実際の損害額をもとに算出された保険金が保険金額を限度に支払われることを指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

損害保険用語集の解説

実損てん補

保険契約時にあらかじめ定めた保険金額(契約金額)を上限として、実際の損害額を保険金としてお支払いすることをいいます。損害保険の支払保険金は、通常この実損てん補が基本となります(ただし、傷害保険等については生命保険同様、あらかじめ定めた保険金額が支払われます)。

出典|自動車保険・医療保険のソニー損保
損害保険用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone