限度(読み)ゲンド

デジタル大辞泉の解説

げん‐ど【限度】

そこまでと限られている程度。認めうる範囲の、ぎりぎりのところ。かぎり。「我慢にも限度がある」「限度を超える」「融資限度額」
限界用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐ど【限度】

〘名〙 物事の程度や範囲を限ること。また、これ以上、これ以外には及ぶことができないという限られた度合や境目。限り。限界。「ものには限度がある」 〔哲学字彙(1881)〕
※商法(明治三二年)(1899)一五七条「有限責任社員は其の出資の価額を限度として」 〔史記‐平準書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android