保険事故

保険基礎用語集「保険事故」の解説

保険事故

保険契約において、保険者がその事実の発生を条件として保険金の支払を約定した偶然な事実(出来事事件事故または危険などともいう)をいい、火災交通事故、人の死傷などがそのです。この場合の偶然性とは、?発生するかか?発生の時期?発生の態様またはそれによりもたらきれる経済的な不利益の結果、のいずれかが不確定であることをいいます。またわ保険事件ともいいます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「保険事故」の解説

ほけん‐じこ【保険事故】

〙 保険者①に損害填補義務または保険金の支払義務を発生させる偶然的な事故。火災保険における火災、生命保険における死亡など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の保険事故の言及

【生命保険】より

…人の生死を保険事故(保険会社等が保険金支払義務を具体化する事故)とする保険で,傷害保険や医療保険などと同じように,人の身体に関する偶然な出来事を対象とする人保険に属する。あらかじめ定められた一定の金額を支払う定額保険の代表的なもので,実際に生じた損害を塡補(てんぽ)する損害保険と区別される。…

※「保険事故」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android