コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実盛送り サネモリオクリ

デジタル大辞泉の解説

さねもり‐おくり【実盛送り】

西日本で行われる虫送りの行事。イナゴがその化身だとされる斎藤実盛のわら人形を作り、かね・太鼓を鳴らしてあぜ道を練り歩き、川などに流して村外へ追いやる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さねもりおくり【実盛送り】

虫送りの行事。非業の死を遂げた斎藤実盛が稲の害虫に化したという伝説に基づく。わらで人形を作り、鉦かね・太鼓をたたき、囃子詞はやしことばを唱えつつ村境や川まで送り捨てる。実盛祭り。 → 斎藤実盛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android