コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実肘木 サネヒジキ

大辞林 第三版の解説

さねひじき【実肘木】

斗栱ときようで、最上部にあって桁を直接受ける肘木。普通、装飾的なくり形をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の実肘木の言及

【建築組物】より

…柱上にあるものを大斗,肘木上のものを巻斗(まきと),隅(すみ)肘木上にあって下がねじれた曲面となるものを鬼斗(おにと)という。肘木のうち,桁を直接うけるものを実(さね)肘木,組物相互間をつなぐ長いものを通(とおし)肘木,十文字に組んだものを枠(わく)肘木,手先の斗上にのるものを秤(はかり)肘木という。また柱にさしこんだ肘木を挿(さし)肘木という。…

※「実肘木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

実肘木の関連キーワード巻斗

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android