コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻斗 マキト

デジタル大辞泉の解説

まき‐と【巻斗】

肘木(ひじき)の上に用いる小さい(ます)。上の肘木や桁(けた)などを一方向のみ支えるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まきと【巻斗】

社寺建築の斗組ますぐみで、肘木ひじきの上にあって、一方向のみに桁または肘木を受ける斗ます

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の巻斗の言及

【建築組物】より

… 斗は位置と形に名がつけられる。柱上にあるものを大斗,肘木上のものを巻斗(まきと),隅(すみ)肘木上にあって下がねじれた曲面となるものを鬼斗(おにと)という。肘木のうち,桁を直接うけるものを実(さね)肘木,組物相互間をつなぐ長いものを通(とおし)肘木,十文字に組んだものを枠(わく)肘木,手先の斗上にのるものを秤(はかり)肘木という。…

※「巻斗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巻斗の関連キーワード出組み・出組社寺建築平三斗実肘木三つ斗枡形三斗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android