コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣く ノタマク

デジタル大辞泉の解説

のたまく【宣く】

《「のたまわく」の音変化。論語の訓読「子、のたまわく」から。近世江戸語》
言われること。おっしゃること。
「すでに孔子―に」〈洒・新吾左出放題〉
勝手なことを言うこと。ごたく。
「貸した奴が―言ひや、横ぞっぽうはりのめすに」〈根無草・後〉
酔っぱらい。
「朝から御神酒で―騒ぐだ」〈伎・当秋八幡祭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

宣くの関連キーワード小早川家文書砥鹿神社衾宣旨受領