コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎港

デジタル大辞泉プラスの解説

宮崎港

宮崎県にある港。県中央、大淀川河口部に位置する。かつては「赤江港」と呼ばれ、大陸や上方との交易で発展。1937年に改称して現名称となる。1953年2月設立。港湾管理者は、宮崎県重要港湾(1973年4月指定)。港湾区域面積は、1,983ヘクタール。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の宮崎港の言及

【大淀川】より

…江戸時代には河口南岸の赤江港は貿易港として栄え,同港に続く城ヶ崎は繁華街を形成したが,堆積物によって河口が浅くなり,港の機能を失った。対岸の砂浜に掘込み式の1万5000トンの船舶の出入りができる宮崎港が開港し,南九州の流通の一拠点をなしている。この川には九州電力の水力発電所(合計最大出力14.6万kW)(1997)があり,県営の岩瀬川総合開発事業(洪水予防,発電),綾川総合開発事業がある。…

※「宮崎港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮崎港の関連キーワード富山県下新川郡朝日町おおさかエキスプレス宮崎海岸の浸食問題宮崎県宮崎市宮崎(県)有馬 美利宮崎(市)有馬美利油津港

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮崎港の関連情報