宮 操子(読み)ミヤ ミサコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

宮 操子
ミヤ ミサコ


職業
舞踊家

専門
モダンダンス

肩書
宮舞踊研究所主宰

本名
宮 ミサオ

生年月日
明治42年 4月15日

出身地
岩手県 盛岡市

学歴
マリー・ウィグマン舞踊学校卒

経歴
昭和初年、夫の江口隆哉とドイツのマリー・ウィグマン舞踊学校に留学、ノイエタンツ(モダンダンス)を学ぶ。帰国して江口・宮舞踊研究所を設立し、現代舞踊を日本に初めて伝えた。以来、数々の創作舞踊を発表、26年度芸術選奨文部大臣賞が研究所に対して与えられた。52年に夫を亡くした後も日本大学芸術科講師などとして後進の指導にあたった。著書に「陸軍省派遣極秘従軍舞踊団」などがある。

所属団体
現代舞踊協会

没年月日
平成21年 5月7日 (2009年)

家族
夫=江口 隆哉(舞踊家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android