江口隆哉(読み)えぐちたかや

  • 1900―1977
  • 江口隆哉 えぐち-たかや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1900.1.21. 青森
[没]1977.12.25. 東京
舞踊家。小山内薫の小劇場運動を経て,高田雅夫・せい子に師事したのち 1931年ドイツに渡り,ベルリンの M.ウィグマンらに師事,ノイエ・タンツを学ぶ。帰国後,妻宮操子とともに研究所を創設し,『都会』『創造』などの大作を発表,ドイツ系のモダン・ダンスを日本に定着させた。第2次世界大戦後,『プロメテの火』 (1950) ,『日本の太鼓』 (51) などを発表。著作に『舞踊創作法』があり,雑誌『現代舞踊』を発行。 70年紫綬褒章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1900-1977 昭和時代の舞踊家。
明治33年1月21日生まれ。高田雅夫・せい子夫妻に師事。妻の宮操子とともにドイツのウィグマン舞踊学校でまなぶ。帰国後,江口・宮舞踊団を結成,昭和28年月刊誌「現代舞踊」を創刊するなど,モダンダンスの普及に尽力した。日本女子体育大教授。昭和52年12月25日死去。77歳。青森県出身。函館商業卒。本名は捨松。代表作に「プロメテの火」「日本の太鼓」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舞踊家。本名江口捨松。青森県生まれ。高田雅夫・せい子夫妻に師事。1931年(昭和6)夫人の宮操子(みさこ)とともにドイツのウィグマン舞踊学校に入学。33年に卒業、ベルリンのバッハザールで『手術室』ほか5曲を発表して同年帰国した。江口・宮舞踊団を主宰し、ウィグマンのモデルヌ・タンツを最初に日本に紹介、日本のモダン・ダンス、教育舞踊に新風を吹き込んだ。第二次世界大戦前に『都会』『創造』、戦後に『プロメテの火』『日本の太鼓』の代表作がある。月刊誌『現代舞踊』を創刊。著書に『舞踊創作法』がある。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android