コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家の紋 いえのもん

世界大百科事典内の家の紋の言及

【紋章】より

…ある特定の図案を用いて,個人,一家,一族,団体,結社などを表徴する標識。紋章という呼称は近代になってからのもので,古くは〈家紋〉〈家の紋〉〈定紋(じようもん)〉〈紋じるし〉〈紋所〉などと称していたが,このうち〈家紋〉は厳密にいえば武家の紋のみに用いられた呼称である。団体や結社に用いられるものは記章,バッジと呼ばれることも多く,各種のシンボルマークもこれに近い。…

※「家の紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家の紋の関連キーワード仙台藩花山村寒湯番所跡プランタジネット朝水戸ホーリーホックピエンツァ大聖堂石持・黒餅・黒餠紋提灯・紋提燈もってのほかルイ[7世]ルイ(7世)杜若・燕子花スリーダイヤ世界の国旗ポルトガル法被・半被一文字三光タバードアイリスバラ戦争水戸黄門天野朋子

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家の紋の関連情報