コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家事使用人 かじしようにん

大辞林 第三版の解説

かじしようにん【家事使用人】

家事一般に従事する労働者。お手伝い・子守など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家事使用人の言及

【召使】より

…日本では,その存在形態が多様で一概には論じられないが,〈下人(げにん)〉の項目を参照されたい。 歴史的には,古代では奴隷が,中世荘園制では農奴が召使の役割を果たしたが,農奴制の消滅につれて,戸内戸外の家事労働に従事し,その代償として賃金を取得する家事使用人が現れた。中世の富裕な家族の主婦は,召使を公正に扱うとともに,彼らを常時働かせておくよう監督することが求められた。…

※「家事使用人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

家事使用人の関連キーワードソビエト共産党労働基準法高度人材在留資格労働者家政婦産業雇用子守家事召使

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家事使用人の関連情報