適用(読み)てきよう

精選版 日本国語大辞典「適用」の解説

てき‐よう【適用】

〘名〙
① よくあてはめて用いること。また、あてはめること。
※公議所日誌‐八・下・明治二年(1869)四月「博く徳行才識ありて、時務に適用の士を撰むべし」 〔漢書‐項藉伝〕
② 特定の法の規定を、特定の事項、特定の人、特定の事件などに対し、個別的にそのままあてはめて働かせること。
刑法(明治四〇年)(1907)一条「本法は何人を問はず帝国内に於て罪を犯したる者に之を適用す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「適用」の解説

てき‐よう【適用】

[名](スル)法律・規則などを、事例にあてはめて用いること。「会社更生法を適用する」
[類語]クオーテーション孫引き引き合い引用運用使用利用活用所用盗用悪用転用流用通用愛用援用応用逆用供用誤用充用試用常用善用乱用引証引例引拠引き句引き写し転載掲載登載所載満載連載訳載載せるコピーアンドペースト引き写す使う用いるかす役立てる用立てる利する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「適用」の解説

【適用】てきよう

適当として用いる。〔史記、項羽紀〕東陽の少年、其の令をし、相ひ聚るもの數千人。長を置かんと欲するも、用無し。乃ち陳(ちんえい)にふ。嬰、くせざることを謝すも、に彊(しひ)て嬰を立てて長と爲す。縣中の從ふ、二人を得たり。

字通「適」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android