自序(読み)ジジョ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐じょ【自序】

〘名〙 自分の著書の巻頭に自分で序文を書くこと。また、その序文。
※史記抄(1477)一四「冀邸趙与が序したぞ。自序もあるぞ」
※志都の岩屋講本(1811)下「其の著されたる傷寒論の自序に、右申したる事を」 〔史記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自序の言及

【序】より

…書物や作品のはじめ,またはおわりにその書物や作品を説明するために載せる文章であって,順序だてて叙述するから序と名づけるといわれる。書物の自序は,古くは末尾に置かれた。司馬遷《史記》の太史公自序や《荘子》天下篇はその例である。…

※「自序」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android