沢田名垂(読み)さわだ なたり

  • さわだなたり
  • さわだなたり〔さはだ〕
  • 沢田名垂 さわだ-なたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1775-1845 江戸時代後期の国学者。
安永4年4月生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)藩士。藩の安部井武氏に,のち京都の芝山持豊(しばやま-もちとよ)に和歌をまなぶ。文化2年藩校日新館の和学師範となり,「新編会津風土記」の編集にあたった。弘化(こうか)2年4月30日死去。71歳。名は正祐。通称は新右衛門。号は五家(五架)園,木隠翁など。著作に「家屋雑考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:弘化2.4.30(1845.6.4)
生年:安永4.4(1775)
江戸後期の国学者,歌人。初名は成祐,。通称,新右衛門。号は五家園,花圃など。会津藩士。安倍井武氏,芝山持豊,本居大平に国学,和歌を学ぶ。藩命により『日新館童子訓』『新編会津風土記』の編纂にかかわる。文化2(1805)年,藩校日新館の和学師範となって学制の整備に功績があった。著書に日本住宅史の概説『家屋雑考』のほか『五家園家集』『和学修行方意見書』などがある。古代,古文に関する造詣が深く,南北朝時代の南朝の無名歌人に仮託した擬作『無名歌集』は,危うく『群書類従』に収められるところで,だまされた塙保己一も賛嘆したという。

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸後期の国学者。号は五家園、花圃など。会津藩士。国学を本居大平に学び、藩校日新館の和学師範となる。故実に精しく、和漢の学に精通した。家集「五家園家集」のほか、「家屋雑考」などの著がある。安永四~弘化二年(一七七五‐一八四五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android