コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田名垂(読み)さわだ なたり

美術人名辞典の解説

沢田名垂

国学者、会津藩士、通称新左衛門、五架園、又木隠翁と号す。別名和気在躬、弘化2年(1845)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田名垂 さわだ-なたり

1775-1845 江戸時代後期の国学者。
安永4年4月生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。藩の安部井武氏に,のち京都の芝山持豊(しばやま-もちとよ)に和歌をまなぶ。文化2年藩校日新館の和学師範となり,「新編会津風土記」の編集にあたった。弘化(こうか)2年4月30日死去。71歳。名は正祐。通称は新右衛門。号は五家(五架)園,木隠翁など。著作に「家屋雑考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沢田名垂

没年:弘化2.4.30(1845.6.4)
生年:安永4.4(1775)
江戸後期の国学者,歌人。初名は成祐,蕃。通称,新右衛門。号は五家園,花圃など。会津藩士。安倍井武氏,芝山持豊,本居大平に国学,和歌を学ぶ。藩命により『日新館童子訓』『新編会津風土記』の編纂にかかわる。文化2(1805)年,藩校日新館の和学師範となって学制の整備に功績があった。著書に日本住宅史の概説『家屋雑考』のほか『五家園家集』『和学修行方意見書』などがある。古代,古文に関する造詣が深く,南北朝時代の南朝の無名歌人に仮託した擬作『無名歌集』は,危うく『群書類従』に収められるところで,だまされた塙保己一も賛嘆したという。

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さわだなたり【沢田名垂】

1775~1845) 江戸後期の国学者。会津藩士。和漢の学、神道に通じ、和歌をよくした。著に日本住宅史の概説「家屋雑考」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android