コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家苞 イエヅト

デジタル大辞泉の解説

いえ‐づと〔いへ‐〕【家×苞】

わが家に持ち帰るみやげもの。
「―に貝そ拾(ひり)へる浜波はいやしくしくに高く寄すれど」〈・四四一一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の家苞の言及

【包み】より

…〈包む〉という語は〈苞(つと)〉と語源を同じくするが,〈苞〉とはわらなどを束ねてその両端を縛り,中間部で物をくるむもの(藁苞(わらづと))であり,後には贈物や土産品の意味(家苞(いえづと))にも使われるようになった。また心理的方面においては〈包む〉は〈慎しむ〉に通じて〈隠す〉〈秘める〉〈はばかる〉といった意味合いを含み,ことに儀礼的局面におけるさまざまな〈包み〉の技法の心理的背景となってきた。…

※「家苞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家苞の関連キーワード名聞は焦熱の爪木関口 友愛尾張廼家苞夢がまし石原正明井上文雄包み財宝

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android