コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家苞 イエヅト

デジタル大辞泉の解説

いえ‐づと〔いへ‐〕【家×苞】

わが家に持ち帰るみやげもの。
「―に貝そ拾(ひり)へる浜波はいやしくしくに高く寄すれど」〈・四四一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の家苞の言及

【包み】より

…〈包む〉という語は〈苞(つと)〉と語源を同じくするが,〈苞〉とはわらなどを束ねてその両端を縛り,中間部で物をくるむもの(藁苞(わらづと))であり,後には贈物や土産品の意味(家苞(いえづと))にも使われるようになった。また心理的方面においては〈包む〉は〈慎しむ〉に通じて〈隠す〉〈秘める〉〈はばかる〉といった意味合いを含み,ことに儀礼的局面におけるさまざまな〈包み〉の技法の心理的背景となってきた。…

※「家苞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

家苞の関連キーワード名聞は焦熱の爪木関口 友愛尾張廼家苞井上文雄夢がまし石原正明包み財宝

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android