コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手纏/環/鐶 タマキ

デジタル大辞泉の解説

た‐まき【手×纏/環/×鐶】

《手に巻くものの意》
上代の装身具。玉や鈴にひもを通して手に巻いたもの。くしろ。
弓を射るとき、左のひじを覆う籠手(こて)。弓籠手(ゆごて)。〈和名抄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

手纏/環/鐶の関連キーワード手足纏い・手足纒い手纏の端無きが如し籠手(小手)倭文手纏弓籠手色彩籠手

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android