宿毛小夏

デジタル大辞泉プラスの解説

宿毛小夏

高知県土佐市で生産される柑橘類。実の大きさは120g程度、果皮はレモン色で、果肉は酸味が少なくジューシーで食味がよい。日向夏の変異種で、高知県宿毛市の久保悟氏、松岡努氏、吉岡隆敏氏が1992年に品種登録。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android