コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂びる サビル

デジタル大辞泉の解説

さ・びる【寂びる】

[動バ上一][文]さ・ぶ[バ上二]《「荒(さ)ぶ」に由来する語で、古びるところから》
古くなって特有の趣が出る。古めかしい味わいがある。もの静かで趣がある。
「谷中感応寺の…或は清らかに或は―・びて各々其宜しきに適(かな)い」〈露伴五重塔
声に渋みが出る。声が低く太い。「―・びた、武人らしい声」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

寂びるの関連キーワード錆びる

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android