コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒ぶ アラブ

5件 の用語解説(荒ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あら・ぶ【荒ぶ】

[動バ上二]
暴れる。荒れる。
「―・ぶる蝦夷(えみし)どもを言向(ことむ)け」〈・中〉
気持ちが離れる。疎遠になる。
「島の宮上の池なる放ち鳥―・びな行きそ君いまさずとも」〈・一七二〉

さ・ぶ【荒ぶ】

[動バ上二]
あれる。荒涼としたさまになる。
「楽浪(ささなみ)の国つ御神のうら―・びて荒れたる都見れば悲しも」〈・三三〉
古くなる。
「我が門の板井の清水里遠み人し汲まねば水―・びにけり」〈神楽・杓〉
色があせる。勢いが衰える。
「うす霧の朝けの梢色―・びて虫の音残る森の下草」〈風雅・秋下〉
心が荒れすさぶ。さびしく思う。
「まそ鏡見飽かぬ君に後れてや朝夕(あしたゆふへ)に―・びつつ居らむ」〈・五七二〉
[補説]この語の意から派生した語に「寂(さ)びる」「錆(さ)びる」がある。

すさ・ぶ【荒ぶ/進ぶ/遊ぶ】

《上代は上二段活用であるが、平安時代ころから四段にも活用するようになった》
[動バ五(四)]
気持ちや生活態度にゆとりやうるおいなどがなくなる。とげとげしくなる。荒れる。「心が―・ぶ」
細かいところにまで注意が求められる芸などが荒れて雑になる。「芸が―・ぶ」
ある方向にいよいよ進む。特に、雨・風などの勢いが増す。「嵐が―・ぶ」「吹き―・ぶ」
勢いが尽きて衰える。
「降り―・ぶ時雨の空のうき雲にみえぬ夕日のかげぞうつろふ」〈風雅・冬〉
(遊ぶ)気の向くままに何かをする。慰み興じる。もてあそぶ。
「目とどめ給ひて…など、書き添へつつ―・び給ふ」〈・若菜上〉
[動バ上二]
(遊ぶ)心のおもむくままにする。あそび慰む。
「絵はなほ筆のついでに―・びさせ給ふあだごととこそ」〈・絵合〉
(動詞の連用形について)勢いが激しくなる。さかんに…する。
「朝露に咲き―・びたる月草の日くたつなへに消(け)ぬべく思ほゆ」〈・二二八一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あらぶ【荒ぶ】

( 動上二 )
荒々しく振る舞う。乱暴する。 「 - ・ぶる蝦夷どもを言向け/古事記
つれない態度をとる。疎んずる。 「 - ・ぶる妹に恋ひつつそ居る/万葉集 2822
[句項目]

すさぶ【荒ぶ】

( 動五[四] )
気持ちや生活が荒れる。すさむ。
芸や技が荒れる。 「芸が-・ぶ」
(ある方向に)いよいよすすむ。はなはだしくなる。 「窓近き竹の葉-・ぶ風の音にいとど短きうたたねの夢/新古今
勢いなどが衰える。 「吹きだに-・べ庭の松風/新古今 恋四
心がおもむくままに物事をする。気晴らしをする。もてあそぶ。 「萩の下こそ気色けしきことなれ、など書き添へつつ-・び給ふ/源氏 若菜上
( 動上二 )
動詞の連用形に付いて用いられる。
気の向くままにする。気晴らしにする。 「のたまひ-・ぶるを、げに、かたはらいたしと/源氏 朝顔
動作・程度がはげしくなる。…乱れる。 「朝露に咲き-・びたる月草の日くたつなへに消ぬべく思ほゆ/万葉集 2281」 〔古くは上二段活用であったが、のち四段に活用するようになり、さらに「すさむ」に移行〕 → すさむ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒ぶの関連キーワード生く否む上二段活用偲ぶ下二段活用哀れぶ悲しぶ舌訛む干る嚔る

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒ぶの関連情報