寄ば大樹の陰(読み)よらばたいじゅのかげ

精選版 日本国語大辞典「寄ば大樹の陰」の解説

よら【寄】 ば 大樹(たいじゅ)の陰(かげ)

同じ頼るなら、力のあるしっかりした人にたよるべきだということ。立ち寄らば大木の陰。
※われら戦友たち(1973)〈柴田翔〉一「うちってのは、寄らば大樹の蔭、わが忠誠を捧げる主君のお家、じゃぁなかった、わが勤める会社のことだとよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android