寄ば大樹の陰(読み)よらばたいじゅのかげ

精選版 日本国語大辞典「寄ば大樹の陰」の解説

よら【寄】 ば 大樹(たいじゅ)の陰(かげ)

同じ頼るなら、のあるしっかりした人にたよるべきだということ。立ち寄らば大木の
※われら戦友たち(1973)〈柴田翔〉一「うちってのは、寄らば大樹の、わが忠誠を捧げる主君のお家、じゃぁなかった、わが勤める会社のことだとよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android