コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密度パラメータ みつどぱらめーた density parameter

1件 の用語解説(密度パラメータの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

密度パラメータ

宇宙の曲率を決めるパラメータ。宇宙が閉じているか開いているかは宇宙に含まれるエネルギーの総量で決まる。特殊相対性理論の、エネルギーと質量の等価性から、このエネルギーには質量も含まれる。空間の一様性の仮定の下では、空間のエネルギー密度(ギリシャ文字ρ〈ロー〉で表される)の大小で空間の曲率が決まる。ρが臨界密度(膨張中の空間を平坦にするのに必要なエネルギー)の値の時、空間は平坦になる。ρが臨界密度未満なら開いた宇宙、それ以上では閉じた宇宙になる。臨界密度と、宇宙に実際に含まれるエネルギー密度ρの比が密度パラメータ。密度パラメータが1以上か1未満かで、空間が閉じているか開いているかが決まる。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

密度パラメータの関連キーワード宇宙進化論宇宙空間コスミックパラメーター宇宙の地平面パラメーター特許ニュートンの宇宙膨張宇宙モデル密度パラメータ(天体物理学)臨界密度(宇宙)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone