コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密度検層 みつどけんそうformation density logging

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密度検層
みつどけんそう
formation density logging

線源から放出され,岩石内で散乱したのち検出器に入ってくるガンマ線 (γ線) の強度を測定することによって,岩石層の密度を推定する検層法。コンプトン散乱により検出器に入射するγ線の強弱は地層電子密度に比例し,この電子密度は地層の密度の関数となる。したがって,このγ線の検出から地層の密度が求められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の密度検層の言及

【物理検層】より

…地層の弾性波速度はそれ自体地層の重要な物性であるが,これから地層の孔隙率を推定することもできる。(2)密度検層 放射線源からのγ線の散乱が地層の電子密度に比例する現象(コンプトン散乱)を利用して岩石の密度を調べる。密度検層の結果も,音波検層と同様地層の孔隙率を知るのに役だつ。…

※「密度検層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

密度検層の関連キーワード物理検層線源

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android