密輸罪(読み)みつゆざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密輸罪
みつゆざい

輸入禁制品に関する不法輸入,関税免脱,無許可貨物などの輸出入の各行為を処罰するための犯罪の総称 (関税法 109~111) 。この罪に関連して,犯罪に供用された船舶などが犯人以外の者の所有物であるとき,これを関税法 118条1項によって没収する際に,所有権者の財産権保護が憲法上の問題とされ,最高裁判所によって第三者没収の違憲判決が示された (1962.11.28.) 。現在では「刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法」によって,所有権者への告知と所有権者の訴訟手続への参加の制度が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密輸罪の関連情報