コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税法 かんぜいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税法
かんぜいほう

昭和 29年法律 61号。明治 32年法律 61号を全面的に改正したもの。関税確定納付徴収および還付ならびに貨物の輸出および輸入についての税関手続の適正な処理をはかるために必要な事項を定めた法律。総則,関税の確定,納付,徴収および還付,船舶および航空機保税地域,運送,通関,収容および留置不服申立て雑則罰則犯則事件の調査および処分などが規定される。関係法令としては,関税定率法関税暫定措置法,とん税法,通関業法,各種の特例法などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

関税法【かんぜいほう】

関税の賦課・徴収,輸出入貨物の通関手続等について定めた法律(1954年)。賦課・徴収については申告納税を中心とした諸手続を定め,そのほか船舶・航空機の入出港手続,保税地域,密輸の防止その他関税警察,犯則事件の調査・処分,関税不服審査会等につき規定。→税関関税定率法
→関連項目開港通関業通関士

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜいほう【関税法】

関税の賦課および徴収、輸出入貨物の通関手続などの基礎的事項や、密輸出入の防止・関税警察などの関税行政を規定する法律。1954年(昭和29)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の関税法の言及

【関税】より

…高関税による保護貿易は,第1次大戦後の不況のなかで一層の拍車がかけられ,幼稚産業のみならず斜陽産業にまで保護貿易政策が広がった。自由貿易を守っていたイギリスも,1932年の輸入関税法によって,ついに自由貿易政策を放棄し,同年にはオタワ協定によってイギリス連邦特恵関税制度を確立する。これを契機として,世界経済は排他的なブロック経済体制へと進展し,第2次大戦を招くことになる。…

※「関税法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関税法の関連情報