コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士岡若太夫 ふじおか わかだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士岡若太夫 ふじおか-わかだゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
常磐津(ときわず)節の富士岡流の家元。はじめ鶴賀若狭掾(つるが-わかさのじょう)に,のち初代常磐津文字太夫に入門し常磐津若太夫(初代)を名のる。明和6年(1769)三味線方の2代佐々木幸八らと別派をたてて富士岡と改姓した。初名は朝日異国太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富士岡若太夫の関連キーワード浄瑠璃