コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀若狭掾 ツルガワカサノジョウ

デジタル大辞泉の解説

つるが‐わかさのじょう【鶴賀若狭掾】

[1717~1786]新内節の太夫・作曲者。越前敦賀の人。宮古路加賀太夫(のち富士松薩摩掾(さつまのじょう))の門から出て、鶴賀派を創始。2世鶴賀新内とともに新内節を大成、「明烏(あけがらす)」「蘭蝶(らんちょう)」「尾上伊太八」などの作品をのこした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つるがわかさのじょう【鶴賀若狭掾】

1717‐86(享保2‐天明6)
新内節の太夫,作曲家。越前敦賀生れ。本名高井庄兵衛。宮古路加賀太夫(のち富士松薩摩掾)の門人で初名加賀八。1744年(延享1)春,鶴賀太夫として江戸中村座に出演,51年(宝暦1)朝日若狭掾と改め,58年鶴賀若狭掾源義正となる。しかしまもなく劇場出演をやめてお座敷浄瑠璃に専念,《明烏(あけがらす)》《蘭蝶》《伊太八》などを発表,新内節〈端もの〉の基礎を固めた。一方,浅草新堀端で古道具屋を営み,品川で男芸者になり,晩年は芝高輪に住み,天明(1781‐89)初年からは当時流行の狂歌にこって大木戸黒牛(おおきどのくろうし)と改めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つるがわかさのじょう【鶴賀若狭掾】

1717~1786) 新内節鶴賀派の始祖。本名、高井庄兵衛。越前敦賀の人。富士松薩摩掾の門から出て、鶴賀派を創始。端物形式で心中物を新作し、新内節の艶っぽさを身上とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鶴賀若狭掾の言及

【伊太八】より

…本名題《帰咲名残命毛(かえりざきなごりのいのちげ)》。初世鶴賀若狭掾(つるがわかさのじよう)作詞・作曲。《明烏(あけがらす)》《蘭蝶》と並ぶ新内節の代表曲。…

【新内節】より

…一方,初代富士松薩摩が宮古路加賀太夫といったころからのワキ佐賀太夫は,師の没後豊島(とよしま)国太夫と名のったがこれも一代で終わった。同じく加賀太夫時代のワキ加賀八は,敦賀太夫から朝日若狭掾となり,さらに1758年鶴賀若狭掾と改名した。このころまでの語り口は,豊後節そのままであったらしいが,一方,宮古路豊後掾の江戸での後継者常磐津文字太夫の流派が全盛となり,江戸三座の芝居を独占するにいたった。…

※「鶴賀若狭掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴賀若狭掾の関連キーワード鶴賀 鶴吉(5代目)富士松薩摩掾(1世)富士松薩摩掾(初代)明烏(浄瑠璃新内節)鶴賀若狭掾(1世)鶴賀若狭掾(初代)鶴賀新内(2代)鶴賀新内(7代)鶴賀新内(初代)鶴賀鶴吉(初代)鶴賀新内(1世)鶴賀新内(3世)鶴賀新内(2世)浦里・時次郎浦里/時次郎浦里・時次郎尾上/伊太八尾上・伊太八富士岡若太夫恋娘昔八丈

鶴賀若狭掾の関連情報