コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田重慶 とみた じゅうけい

1件 の用語解説(富田重慶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田重慶 とみた-じゅうけい

1872-1933 明治-昭和時代前期の実業家。
明治5年3月15日生まれ。神野(かみの)金之助の甥(おい)。明治22年三井銀行にはいる。のち福寿生命保険,明治銀行などの役員をつとめ,41年名古屋電気鉄道社長。昭和5年明治銀行が経営危機におちいった際,神野家とともに負債の整理にあたった。昭和8年5月15日死去。62歳。愛知県出身。通称は重助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田重慶の関連キーワード日本海軍晩年伊豆の踊子丹下左膳富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone