コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富鉱 フコウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐こう〔‐クワウ〕【富鉱】

有用鉱物を豊富に含んだ鉱石。また、産出量の多い鉱床や鉱山。⇔貧鉱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふこう【富鉱】

有用な鉱物が多く含まれる鉱石。また、そのような鉱石を多く産出する鉱山。 ⇔ 貧鉱

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

富鉱の関連キーワードクリューガー(Stephanus Johannes Paulus Krüger)ステファヌス・ヨハネス・P. クリューガー自由州(南アフリカ共和国)ケープ(南アフリカ共和国)クジャク石(孔雀石)古河機械金属(株)モザンビーク(国)南アフリカ共和国ボナンザグラム酸化帯[鉱床]ヨハネスバーグパルチザンスク落とし・落しケープ植民地足尾鉱毒事件コルヌビア石ブーア戦争成清 博愛遼寧(省)プロトオア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android