コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗鉱 そこうcrude ore; raw ore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粗鉱
そこう
crude ore; raw ore

採掘されたままの鉱石。金属鉱物の粗鉱は一般に多量の廃石を含んでいるので,手選,粉砕,分級,重選,浮選などの選鉱操作を経て精鉱として製錬に供する。石灰石などの非金属鉱物の粗鉱は一般に廃石を含むことが少く,粉砕,篩別 (しべつ) などによって精鉱として工業原材料として供給される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そ‐こう〔‐クワウ〕【粗鉱】

採掘したままで、まだ選鉱してない鉱石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

粗鉱【そこう】

採掘したままの鉱石。選鉱によって脈石(みゃくせき)などを除き,有用成分含有率を高めて精鉱としてから製錬にかける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そこう【粗鉱】

採掘したままの鉱石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の粗鉱の言及

【製錬】より

…天然に産出する鉱産資源のなかで目的金属を経済的に抽出,採取できるものが鉱石と呼ばれて製錬原料のおもなものとなる。鉱山から採取された状態の鉱石は粗鉱と呼ばれ,目的金属の鉱物のほかに他の有用金属の鉱物や無価値の鉱物を随伴している。自然に産出する鉱物の化学結合の形を変化させないで目的金属分を分離濃縮することを選鉱という。…

【選鉱】より

…分離技術そのものを指す場合(狭義の選鉱)と,それにともなう工程すべてを総称する場合(広義の選鉱)がある。すなわち広義の選鉱は,採掘したままでなんら手を加えていない鉱石(原鉱石,原鉱,粗鉱,元鉱などともいう。英語ではraw ore,run‐of‐mine ore)を処理して,精鉱と廃石とに分離するための操作の総称である。…

※「粗鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粗鉱の関連キーワードエル・テニエンテ銅山リオ・ブランコ銅山シングブーム銅山チュキカマタ銅山核燃料サイクルマルコナ鉄山ビンガム銅山ビュート銅山イトムカ鉱山プレミア鉱山釈迦内鉱山小坂(町)ずり混入率キルナ鉄山串木野鉱山古遠部鉱山尾去沢鉱山花岡鉱山日立鉱山都茂鉱山

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android