富雄(読み)とみお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富雄
とみお

奈良市北西部,富雄川沿いの地区。旧村名。古くは農村であったが 1914年大阪電気軌道 (現近畿日本鉄道奈良線) の開通後,急速に住宅地として発展。第2次世界大戦後,中央を阪奈道路が通じ,ますます大阪・奈良市のベッドタウン化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富雄の関連情報