コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富雄 とみお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富雄
とみお

奈良市北西部,富雄川沿いの地区。旧村名。古くは農村であったが 1914年大阪電気軌道 (現近畿日本鉄道奈良線) の開通後,急速に住宅地として発展。第2次世界大戦後,中央を阪奈道路が通じ,ますます大阪・奈良市のベッドタウン化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

富雄の関連キーワードネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ藤原氏(奥州藤原氏)奈良県生駒郡安堵町コルベンハイヤー粛慎(みしはせ)無原罪の御やどりコラーゲンの日柵戸(きのへ)鎮守府(古代)矢追 日聖シャルガフ手塚 富雄文化功労者鎮守府将軍唐川 富夫橋岡 久馬神谷浩之助藤原秀衡ゲオルゲ適々斎塾

富雄の関連情報