富雄(読み)とみお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「富雄」の解説

富雄
とみお

奈良市北西部,富雄川沿いの地区。旧村名。古くは農村であったが 1914年大阪電気軌道 (現近畿日本鉄道奈良線) の開通後,急速に住宅地として発展。第2次世界大戦後,中央阪奈道路が通じ,ますます大阪・奈良市のベッドタウン化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android