寒渓・寒谿(読み)かんけい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 さむざむとした谷。冷えこんだ谷間。
※本朝無題詩(1162‐64頃)八・長楽寺眺望〈惟宗孝言〉「何事一朝与客携、遠尋蕭寺寒渓

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android