コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟宗孝言 これむねの たかとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟宗孝言 これむねの-たかとき

1015-? 平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。
長和4年生まれ。掃部頭(かもんのかみ),伊勢守(いせのかみ),伊賀守などを歴任する。詩人として大江佐国(すけくに)とならび称され,「本朝無題詩」などに作品をのこす。晩年は藤原師通(もろみち)に近侍した。字(あざな)は宗智。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

惟宗孝言の関連キーワードVladimirウラジーミル宮内庁ペタペタバイトペビバイトウラジーミルオーラブ[2世]賀茂光栄資子内親王

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone