惟宗孝言(読み)これむねの たかとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「惟宗孝言」の解説

惟宗孝言 これむねの-たかとき

1015-? 平安時代中期-後期官吏,漢詩人
長和4年生まれ。掃部頭(かもんのかみ),伊勢守(いせのかみ),伊賀守などを歴任する。詩人として大江佐国(すけくに)とならび称され,「本朝無題詩」などに作品をのこす。晩年藤原師通(もろみち)に近侍した。(あざな)は宗智。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android