コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝棺 ネカン

3件 の用語解説(寝棺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ね‐かん〔‐クワン〕【寝棺】

《「ねがん」とも》死体をあおむけに寝かせたまま納める棺。→座棺

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねかん【寝棺】

〔「ねがん」とも〕
死者を寝かせた状態で入れる長い棺。 → 座棺

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の寝棺の言及

【棺】より

…古墳時代の初めには長大な割竹形木棺が,また飛鳥・白鳳時代には夾紵棺が使われたが,普遍化しなかった。【山本 忠尚】
【日本】
 奈良・平安時代には寝棺が一般的で,鎌倉時代の《吉事次第》にも背丈の違いはあるものの,棺の長さは6尺3寸,幅1尺8寸,高さ1尺6寸としている。末法思想が浸透してきた10世紀以降になると北枕西向きに納棺することが行われたが,やはり寝棺であった。…

※「寝棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寝棺の関連情報