コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸端物 スンパモノ

デジタル大辞泉の解説

すんぱ‐もの【寸端物】

武士が佩用(はいよう)した刃渡り2尺(約60.6センチ)以上の刀に対し、それよりも短い刀。近世商人侠客(きょうかく)などが用いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すんぱもの【寸端物】

武士の刀より短い刀。近世、町人や俠客きようかくが用いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寸端物の関連キーワード武士町人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android