コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射目立てて(読み)イメタテテ

デジタル大辞泉の解説

いめ‐たてて【射目立てて】

[枕]射目を立てて獲物の足跡を調べる意から、「跡見(とみ)」にかかる。
「―跡見の岡辺のなでしこが花」〈・一五四九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いめたてて【射目立てて】

( 枕詞 )
射目を設けて島獣の足跡を見る意の跡見とみと同音の地名「跡見」にかかる。 「 -跡見の岡辺おかべのなでしこが花/万葉集 1549

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる