コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡見 アトミ

4件 の用語解説(跡見の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あと‐み【跡見】

跡見の茶事」の略。

と‐み【跡見】

狩猟で、鳥獣の通った跡を見、その向かった方角などを考えること。また、その役目。
「秋津の小野の野の上には―すゑ置きて」〈・九二六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あとみ【跡見】

朝または正午の茶事のあと、参会できなかった人のために同じ趣向で、引き続いて行う茶会。客の希望をうけて行われる。茶事七式の一。跡見の茶事。

とみ【跡見】

狩猟のとき、鳥獣の足跡などを見てその行方を推測すること。また、その場所やその役目の人。 「野の上には-すゑ置きて/万葉集 926

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の跡見の言及

【茶事】より

…ただし今日はほとんど行われていない。(5)跡見 身分の上位の来席の跡をそのまま拝見しようとする会。例えば秀吉が好例となる。…

※「跡見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

跡見の関連情報