小をもって大に敵せず(読み)しょうをもってだいにてきせず

精選版 日本国語大辞典「小をもって大に敵せず」の解説

しょう【小】 を もって大(だい)に敵(てき)せず

少数では、多勢に抵抗してもかなわない。に敵せず。
平治(1220頃か)上「合戦は勢にはよらず、はかりことをもてすといへ共、小をもて大に敵せず共申せば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android