小をもって大に敵せず(読み)しょうをもってだいにてきせず

精選版 日本国語大辞典 「小をもって大に敵せず」の意味・読み・例文・類語

しょう【小】 を もって大(だい)に敵(てき)せず

少数では、多勢に抵抗してもかなわない。寡は衆に敵せず。
平治(1220頃か)上「合戦は勢にはよらず、はかりことをもてすといへ共、小をもて大に敵せず共申せば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android