多勢(読み)たぜい

精選版 日本国語大辞典「多勢」の解説

た‐ぜい【多勢】

〘名〙 (古くは「たせい」) 人数の多いこと。多くの人。おおぜい。
平治(1220頃か)上「此無勢にて、多にあふてうたれん事こそ無念なれ」
※浮世草子・武家義理物語(1688)三「龍女(りうにょ)もおどろくべき多勢(タセイ)なり」
※和英語林集成(初版)(1867)「Tazei(タゼイ) 多勢」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「多勢」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android