多勢(読み)たぜい

精選版 日本国語大辞典 「多勢」の意味・読み・例文・類語

た‐ぜい【多勢】

〘名〙 (古くは「たせい」) 人数の多いこと。多くの人。おおぜい。
平治(1220頃か)上「此無勢にて、多勢にあふてうたれん事こそ無念なれ」
浮世草子武家義理物語(1688)三「龍女(りうにょ)もおどろくべき多勢(タセイ)なり」
和英語林集成初版)(1867)「Tazei(タゼイ) 多勢」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「多勢」の意味・読み・例文・類語

た‐ぜい【多勢】

《古くは「たせい」》人数の多いこと。大勢。「多勢をたのんで掛け合いに行く」⇔無勢
[類語]大勢大人数多数多いたくさんいっぱい夥しい多く数数かずかず数多すうた無数多量大量大挙多人数衆人莫大膨大巨万豊か潤沢無尽蔵山ほど盛り沢山がっぽりがっぽがっぽ多め幾多過多最多多作あまた多多いくらもいくらでもざらにごろごろどっさりたっぷり十二分に豊富にふんだんに腐るほどごまんとわんさとしこたまたんまりうんとたんと仰山ぎょうさんなみなみ十分しっかりがっつり多め数知れない数知れぬ数え切れない十指に余る枚挙にいとまがない掃いて捨てるほど

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android