小余綾磯(読み)こゆるぎのいそ

精選版 日本国語大辞典の解説

こゆるぎ‐の‐いそ【小余綾磯】

神奈川県大磯付近一帯の海岸。平安中期以前は「こよろぎのいそ」といわれた。こゆるぎのもり。歌枕。
※兼澄集(1012頃)「わかめかるはるやきぬらんこゆるきのいそのあま人浪にまじれり」

こよろぎ‐の‐いそ【小余綾磯】

古今(905‐914)雑上・八七四「たまだれのこがめやいづらこよろぎの礒のなみわけおきにいでにけり〈藤原敏行〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android