コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉基 おぐら・もとい

1件 の用語解説(小倉基の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

小倉基

生年:生没年不詳
明治期,樺太捕鯨の創始者。明治29(1896)年単独で樺太での捕鯨事業を志し,ロシアより捕鯨権を獲得。同31年に網,銛など日本の捕鯨具で20頭を捕獲。翌年函館でデンビー商会を営む帰化ロシア人アルフレッド・ゲオルギー・デンビーと共同し,秋漁にノルウェー捕鯨船オリガ号で35頭を捕獲したが,鯨肉の価格の暴落で解散。鰊漁業権を得たが,日露戦争の勃発(1904)によりこれも頓座。<参考文献>加藤強『樺太と漁業』

(石田好数)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉基の関連キーワードサルゴン武王創始者の原理荒畑シモ内野アサ鮫島十内醍醐新兵衛多田吉左衛門多門庄左衛門(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone